うづい通信部プロデュース 『レールカフェ116』 

Pocket

このほど、『江の川地域応援ライター』としてもライター活動をしてゆくことにしました。

横のりスポーツや呑兵衛に関することを軸においていいくことは変わりはないのですが三江線が廃止になった今、江の川地域の魅力向上・活性化は待ったなしの常態です。

ところで今年のGWは巷で『エアポート投稿おじさん』のような〇〇投稿おじさんが干されているようです。

確かに、リア充アピールをしたいのか意味のない空港内の写真や搭乗チケットをSNSにアップしている方いますよね。

いいじゃないですか。

女性諸君だってカフェやスイーツのインスタ映え写真をアップしているじゃないですか。

私はここ最近、やたらに旧三江線についての投稿をしています。

三江線投稿おじさまです。

その話題はここまでにして今回はうづい通信部がプロデュースした、『レールカフェ116』についてです。

レールカフェ116はこんな感じ

▲あふれる新緑の中の旧宇都井駅

▲レールカフェ116の外観

うづい通信部の敷地内に全長4mの軌道を敷き、レール上に台車を乗せています。

この台車の上に飲み物などを置いて人、主に森田一平さんが台車を動かしています。

こんな遊び心のあるオープンカフェです。

当然、うづい通信部がプロデューサーです。

GW期間限定のオープンです。

なお、116の数字は旧宇都井駅の階段の数を表しています。

ビールを注文してみた

▲台車にビールを乗せる森田さん

▲台車を押す森田さん

何だか旧三江線と並行した『複線軌道』に見えます。

▲台車の足回り

台車の足回りはこのように『脱線しない』構造になっています。

行き当たりばったりなのでしょうがよく考えたなと思います。

▲レールカフェ116の案内板制作の様子

実は本格喫茶のレールカフェ116

▲本格ドリップコーヒー

注文を受ける度にマスター(森田さん)が一杯一杯、丁寧にコーヒーを入れてくれます。

▲マスター(森田さん)みずから配送

そのまま手渡しせず、このように手間暇かけて配送してくれます。

お得意の旧三江線グッズ販売

▲三江線グッズ販売コーナー

▲新発売の消しゴムや割りばし

バライティー豊かな三江線グッズがそろっています。

三江線営業終了前にはなかった、消しゴムや割りばしが新発売されています。

▲三江線メタルプレートを購入

買い損ねていたグッズが手に入りました。

グッズによっては今回のイベントが手にはいる最後のチャンスかもしれません。

邑南スパイダーマンとの2ショット

▲邑南スパイダーマンとの2ショット

10時から12時くらいまでの間なら邑南スパイダーマンと写真撮影ができます。

スパイダーマンを見かけたらぜひ声を掛けてみましょう。

それではまた。

ここまでご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です