Google AdSenceで制限されているお酒についての内容はどこまでOK?

Pocket

最近、Google AdSenceにブログへの広告配信を申し込み、広告が配信されるようになりました。

ブログから収益を得る方法は大きく分けて2通りあります。

ひとつは、アフィリエイトと呼ばれる『成功報酬型広告』。

その広告の商品やサービス紹介し、読者が商品を購入またはサービスを利用した場合に報酬が発生するしくみです。

もう一つは『コンテンツ連動型広告』。

サイトに掲示してある広告を読者がクリックすると報酬が発生するしくみです。

Google AdSenceは後者のコンテンツ連動型広告となります。

申し込んだ後に気づいたのですが、Google AdSenceではアルコールに関する内容に制限が設けられているとのことでした。

このブログは結構、お酒についての記事投稿が多いのでこのことについて考えてみました。

Google AdSenceサイトを見てみる

Google AdSenceのサイトではアルコールにいての禁止コンテンツを以下のように規定しています。

■許可される

  • バーやパブの店舗案内
  • アルコール飲料会社がスポンサーになっているイベントを宣伝するページ
  • アルコール関連ブランドの商品を宣伝するページ
  • アルコール飲料の製造に関連する情報を提供している、またはそれに関連する商品を販売しているページ

■許可されない

  • アルコール飲料をサイトから直接購入できるページ
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒を奨励するページ

出典:Google AdSence

上記を見る限り、とりあえずお酒に関する記事投稿は一切禁止ではないことがわかります。

またガチガチに縛られているわけでもありません。

キーワードは『販売』と『健康被害』

まず販売について。『アルコール飲料をサイトから直接購入できるページ』とあります。

“直接購入”とありますのでお酒のネット通販のサイトがこれに当てはまるでしょう。

このブログでは日本酒の一升瓶の写真を掲載した記事や酒蔵の情報を掲載した記事がありますが販売につながるような内容ではないのでOKなわけです。

次に健康被害について。『無責任な飲酒の奨励』とあります。

記述を見る限り、適度な飲酒の奨励は問題なく過剰で健康を害するくらいの飲酒を奨励するような内容はNGです。

このように思っていたよりもアルコールに関する禁止コンテンツは結構ゆるいものとなっています。

ワインとシャンパンは何でもOKではない

Google AdSenceでのアルコール禁止規定について書かれている他のサイトを見てみるとワインとシャンパンは例外でOKとあるものがあります。

しかし今現在では状況が異なっています。

以前はワインとシャンパンは例外でOKだったようですが、アルコール禁止コンテンツに関する規定に改訂がありました。

よってワインとシャンパンだからどんな内容でもOKではありません。販売と健康被害についての縛りが適用されます。

このブログのお酒についての投稿は問題なし

結論としてこのブログでのお酒についての投稿は問題なしです。

酒造会社の紹介や飲食店の紹介、お酒そのものの紹介はOKです。

Google AdSenceは広告配信において審査があり、そもそもお酒に関する記事があった状態でこのブログの審査が通りました。

このことが何よりもこのブログのお酒に関する記事において問題ないことを証明しています。

Google AdSeceを利用していて、もしお酒に関する記事投稿に不安がある方がおられましたらこのブログを参考にしていただけたらいいかと思います。

これからもどしどしお酒に関する記事投稿をしてゆきたいと思います。

それではまた。

ここまでご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です