2018.7.21 平原橋前の国道2号線の通行止めが解除されました!

Pocket

2018年7月21日午前8時、7月6日未明から豪雨による陥没で通行止めになっていた広島市安芸区中野東の国道2号線の通行止めが解除されました!

豪雨災害以来、平原橋東詰を通り抜けるには平原団地の狭い生活道路を迂回する必要がありましたがこの不便さが解消されました。

24時間体制の突貫工事でした。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。

中野東地区の住民、特に平原団地に住んでいる人にとって不便な毎日でした。生活道路が迂回路になり、クルマがバンバン侵入してくるのです。

離合が困難なため、交通トラブルも起こりました。

そして危険な状態でした。

これまでを振り返ってみる

それでは豪雨災害直後から今までを振り返ってみます。

7月9日

▲団地内の迂回路で渋滞するクルマ

この頃は交通整理が行われておらず両方向のクルマが団地内の迂回路に一斉に侵入してデタラメの状態でした。

交通トラブルも起きていました。

地域の人が交通整理をしていました。

バイパスの側道も土砂崩れで通行止めとなり中野東地区は陸の孤島でした。どの道路もNGでとにかく八方ふさがりの状態。

スーパーはラ・ムーとひまわり共に水や土砂の侵入で営業休止に追い込まれていました。買い物も不便。

コンビニから商品が消えるという異常事態になりました。

7月12日

連日、24時間体制の突貫工事で修復が進んでゆきます。

徐々に陥没箇所に土が盛られてゆく様子がわかります。

夜も気温25度以上の熱帯夜が続き、夜間作業も大変だったと思います。

7月18日

ポプラ中野東店前の陥没箇所が復旧し、通行可能となりました。

また平原橋も通行可能となりました。

これだけでも状況は大きく改善されました。

7月19日

陥没箇所はきれいにならされて舗装するだけの状態となりました。

また、ラ・ムー中野東店の営業が再開されました。

7月20日復旧前夜

 

舗装が完了し、ラインを引くだけとなりました。最後の夜間作業です。

芸陽バスのバス停に灯りが灯ります。

静かな開通前夜でした。

そして7月21日通行止め解除

午前8時前、続々と歩道橋に人がやって来ます!

なんと報道の人までやって来ます。

上空にはヘリコプターが旋回しています。

ものすごい注目です!

午前8時を回り、ついに通行止めが解除されました!

14日間で復旧しました。まさにストーリーです。

感動です!!

通行1台目はマツダ車

広島ではセレモニーごとにはマツダ車が使われます。

今回は開通セレモニーはありませんでしたが通行1台目はマツダ車でした。

ひょっとしてマツダ車の宣伝のためにマツダ関係者の方が最初の通行を狙って待っていたのか?

そんな憶測が頭によぎります。

実際の1台目は横から割り込んで来た軽のクルマがいたのですがそれは1台目とみなしません。卑怯です。

正式な1台目はマツダのデミオでした。

こういう時は順番待ちはとても大切です。

最後に

団地内を迂回してくるクルマに対して邪魔だとか小言を言ってすみませんでした。

でも理解してください。

離合が難しい団地の生活道路、そこへクルマがバンバン来るのですから危なくて仕方なかったのですよ。

このブログを見て、バイパスの通行をされた方もおられると思います。

ご協力ありがとうございました。

中野東、いいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です