みずほハイランドでの滑り納めからの三江線・宇都井駅

Pocket

こんにちは、ヨコノリ呑兵衛のタクです。

ついに、この日を迎えてしまいました。

2017-18スノーボードシーズンの滑り納めです。

今回はこの滑り納めに加えて帰りに寄った、廃線間近のJR三江線・宇都井駅のライトアップについての内容です。

滑り納めたゲレンデ

島根県邑南町にあるみずほハイランドスキー場です。

みずほハイランドOfficial Site

上部ゲレンデのみ滑走可能で下部ゲレンデはすでに融雪が進んでいました。

▲のどかなゲレンデ風景です

あんなに連日、パフパフモフモフにゃんにゃんのパウダーだったのに。

あんなに寒かったのに。

あんなに賑やかだったのに。

スノーボーダにとって冬はとても短いのです。

アイテムはダイナミックに

シーズン末期ゆえに各アイテムはダイナミックになっています。

▲巨大なエアーマット

ビッグキッカーに入る上で良い練習になります。

恐れず思い切ってオーリーをかけてジャンプ!

▲キッカーはリフトすぐ脇に

キッカーも5mから7mほどのものがまだ健在です。

容赦ない春の日差しにも踏ん張って耐えています。

▲きれいに整備されたバンクコース

バンクコースも健在です。

というよりもこの時期だからバンクコースが可能なのかもしれません。

4月1日まで営業予定

みずほハイランドは4月1日までの営業予定です。

今週のさらなる気温上昇に耐えられるのか心配なところです。

今月末は三江線沿線にてマルシェが出店する予定ですので、私はそちらを楽しむ予定です。

よって、24日が今シーズンの滑り納めとなりました。

宇都井駅のライトアップの美しさに圧巻

▲現代美術といっていいレベル

帰りに同じく邑南町にあるJR三江線・宇都井駅に寄ってみました。

繰り返しになりますが今月末で廃線になります。

駅舎のブルーのライトアップやドーム状の光の玉の他、一面に広がる稲のオブジェクトがなんとも美しいです。

稲のオブジェクト一つ一つに対してライトアップしています。

なんという芸の細かさでしょう。

これには驚きです。

駅前には販売コーナーも

▲うづい通信部の代表・森田一平さんもおられます

駅前には記念グッズの販売のほか、カフェオレ1杯100円で販売していました。

メディアが取材に来ています。

熱燗でくつろぎの一杯、といきたいところですがいやいや、今回はクルマで来ています。

カフェオレでくつろぎの一杯です。温まります。

終電は20時41分発の浜原行きですのでこの時間までライトアップや販売を行うとのことです。

列車が来てなんぼの駅

廃線後もこのライトアップを続けてもやはり列車の来ない駅は寂しいものです。

トロッコ列車の運行など活用策はあるのでしょうが現状は非常に厳しいものがあります。

ただ地域衰退は必至。

私も協力できることがあればやっていきたいとは思っています。

それではまた。ここまでご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です