2018.8.12 宇都井VS鹿賀、至高と究極の流しそうめん対決が勃発か!?

Pocket

 

し2018年8月12日の旧三江線鹿賀駅の三江線えき縁日まつりでは『流しそうめん』も行われます。

三江線えき縁日まつり 8.12

一方、同じく旧三江線の宇都井駅前では8月11日から同14日まで『そうめん流し』が行われます。

三江線ポータル

8月12日はそうめんに関するイベントが被るわけです。

『流しそうめん』と『そうめん流し』の違い

記事を書く上でこの言葉の違いがとても気になりました。

以下、『ニコニコ大百科』からの引用です。

ニコニコ大百科

昭和34年にに高千穂峡が「流しそうめんとして竹樋で楽しむ」スタイルをアピール。昭和42年以降、唐船峡が回転式そうめん流し器で楽しむスタイルを「そうめん流し」としてアピールした。

つまり食べ方によって呼び方も異なるのだが、実際は竹樋で流すスタイルが定着した地域では回転式そうめん流しの事も「流しそうめん」と呼び、逆に回転式そうめん流し器が定着した地域では竹樋を使った流しそうめんの事も「そうめん流し」と呼ぶ人が多い。

南極地域観測隊では冬明け後(11月前後)のそうめん流しが恒例行事となっている。昭和基地には竹樋がない為、ピッケルで氷上に溝を作り上流からポリタンクでお湯を流し食する。形体としては「流しそうめん」だが、行事名として「そうめん流し」が定着している為、「流しそうめん」地域の隊員は違和感を覚える様である。

このような説明がなされています。

つまり、

『流しそうめん』とは、竹樋にそうめんを流すスタイル。
『そうめん流し』とは、回転式そうめん流し器でそうめんを回転させるスタイル。

宇都井と鹿賀の表現の違いをみてみる

主催者のうづい通信部の森田さんは以下のようにツイートしています。

宇都井では『そうめん流し』、回転式そうめん流し器でそうめんを回転するスタイルとなります。

鹿賀のえき縁日まつりでは以下のようにツイートしています。

鹿賀では『流しそうめん』、竹樋にそうめんを流すスタイルとなります。

宇都井では『流しそうめん』のイベントをすでにやっていた!

実は宇都井では2018年7月21、22日に行われたうづい通信部1周年イベント『駅と古本とそうめんと』で宇都井駅を活用した流しそうめんのイベントをやっていました。

諸事情により、このイベント記事において流しそうめんに関する事は上げていませんでした。

『駅と古本とそうめんと』過去記事はこちら!

このたび、毎日新聞でこの流しそうめんの記事が掲載されていましたのでこのブログでも上げることにしました。

宇都井駅での流しそうめん・毎日新聞記事

この時は竹樋にそうめんを流すスタイルで明らかに『流しそうめん』でした。

お盆でも同じスタイルになると思います。

というわけで結論として、

宇都井は『流しそうめん』ということになります。

鹿賀はどうなのか?

ツイートでは容器もお箸も竹、ということで竹樋にそうめんを流すスタイルになると思われます。

よってこちらも『流しそうめん』ということになるでしょう。

言葉はむずかしい

『そうめん流し』と『流しそうめん』。

違いを意識していない人が大半だと思いますが、微妙に意味が違っていました。

単語の順番が入れ替わっているだけで意味が変わってくるものなんですね。

宇都井と鹿賀の流しそうめんの違いは?

以下推測です。

宇都井は駅舎の階段を活用した『一定の斜度とスペース』ですね。幾何学的というか。

これほど流しそうめんに向いたロケーションはないでしょう。

一方の鹿賀は『オシャレ感』でしょうか。

三江線えき縁日まつりのオシャレ感から察して何かやってきますよ、鹿賀は。

宇都井は流しそうめんの段取りから体験できる!!

しかし宇都井には鹿賀にはない大きなアドバンテージがあります。

それはなんと宇都井駅の階段に竹樋を備え付けるところから体験できます。

ただしこれは8月11日に限った話です。

三江線ロストラインスタンプラリー

以下三江線えき縁日まつりホームページからの引用です。

三江線えき縁日まつりでは、8月31日販売予定のTOMIX駅コレクション「三江線 宇都井駅」と鹿賀駅のジオラマを繋げちゃいます!
これを記念して、8月11日~14日、三江線ロストラインスタンプラリーにて宇都井駅のスタンプを三江線えき縁日まつり本部もしくは福泉寺で見せて頂いた方に鹿賀駅オリジナル限定グッズをプレゼント!
鹿賀駅のスタンプをうづい通信部で見せると宇都井駅のオリジナル限定グッズがもらえます!
イベント期間限定ですのでふるってご参加下さい。

このように紹介しています。

次々と企画を打ち出す鹿賀と宇都井ですのでぜひそちらのホームページをご覧くださいませ。

三江線えき縁日まつり

三江線ポータル

ブログのリライトが大変です。。

場所

旧三江線・宇都井駅

旧三江線・鹿賀駅

味による両者の違いはあるのか?

そうめんは単純な料理のようですが素材の違いによって大きく味が変わります。

「そうめんの本質とは何か?」

あれこれ薬味を加えて創作料理的にするのではなく、素材の旨さを最大限に引き出したそうめんこそ、そうめんという料理の本質をついているのではと考えます。

そうめんの小麦の豊かな味やのど越し、つゆの旨み。

そして涼感や楽しさ。

それをとことん追求して極めたものが至高であり究極のそうめん、いや流しそうめんといえるでしょう。

いずれにせよ8月12日は宇都井&鹿賀ではしご流しそうめんで決まりですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です