開催決定!2018.8.12三江線えき縁日まつり

Pocket

豪雨の影響で開催が再検討されていた三江線えき縁日まつりの開催が決定しました。

ただし開催時刻が変更になりました。

午後3時から午後9時となります。

ただ駅舎は現時点ですでに解放されていますので午後2時まではホームに立ち入ることができます。

水の国でミニトレインを披露する予定でしたが、豪雨の影響でこの会場が使えなくなりました。

現在、ミニトレインの披露をするのかどうか不明ですが他にも楽しいこと盛りだくさんのお祭りです。

自粛をする必要はないと思う

地震や洪水などの大きな災害が起こると自粛ムードが漂います。

そして何かとイベントは中止になります。

それまでせっせと準備をしてきたものが全てオジャンになってしまいます。

今回の三江線えき縁日まつりも延期するのか中止するのか再検討されていました。

島根の学生さんたちが主体となり、イベントで走らせるミニ列車の作成が進んでいましたが中止になってしまうと意味が半減してしまいます。

半減、と表現しましたがこのミニ列車はえき縁日まつり以外でも使われます。

ですので全くムダになってしまうということではないです。

ただ三江線が廃止され、江津市鹿賀地区を盛り上げようと奮闘する地域の人たちの思いは届かぬものとなってしまいます。

自粛をしてしまうとある意味『間接的被災者』となってしまうわけです。

「よその所は被災して大変なのに他人事のようにワイワイガヤガヤとイベントをやってる、一体どういうことなんだ。」

このような考え方は全くもってして理解できません。

なぜなら建設的・論理的な考えではないから。感情的なだけ。イベントを開催することで何か被災された方に対して支障があるのでしょうか?

むしろ暗いムードを吹っ飛ばす力になると思います。

今回のイベント開催は大いに歓迎です。

イベントの魅力を見てみる

イベント専用のホームページが開設されました。

三江線えき縁日まつりSite

イベントの詳細はこちらをご覧ください。

魅力が一杯で記事にまとめきれないのでまずはホームページをご覧くださいませ!すみません。

クラウドファンディングは目標金額を達成しました!

三江線えき縁日まつりクラウドファンディング

クラウドファンディングは目標の150万円を上回る164万6千円の支援があり、成立しました。

あたたかい皆様のご支援、誠にありがとうございました。

クラウドファンディングはリターンが大変、という話を聞きます。

私はこれ以上何もすることはできませんが主催者さんにエールを送りたいと思います。

「情熱は物事を変える!!イノベーションを起こす!!」

「奇跡などは存在しない。情熱と努力が全て!」

「結果的にそれが奇跡のようになっているだけ」

神戸・芦原温泉の安田さんブログ風に書いてみました。

成立おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です