海田町古民家再生プロジェクト『&古民家』

Pocket

海田町の旧山陽道沿いには古民家が多くあります。

特に海田市駅周辺に多く見られ、そこから安芸区中野方面にかけて狭い道幅の旧山陽道沿いに古民家が点在しています。

その中の一軒『田原邸』を再生して有効活用するというプロジェクトがあります。

今回はこのプロジェクトについての紹介です。

『&古民家』とは

安芸区で不動産業を営んでいる三澤さんが中心となって空き家となって古民家をリノベーションして、住民交流やイベント会場として有効活用するというプロジェクトのことです。

&古民家Offcial Site

三澤さんの他、地元の大学である広島国際学院大学の学生・講師の方や地元住民の有志の方がこの活動を支えています。

取り組みの和が広がっています。

今のところ、主に毎週火曜日にヨガ教室と清掃活動が交互に行われています。

また、スペースの時間貸しをしています。

将来的にはカフェやゲストハウスなどとして活用されることを望んでいるようです。

周辺には広島らしさがいっぱいある

この古民家は住宅街にありますが周辺にはマツダ関連の会社やもみじ饅頭の工場があります。

海田町は広島ならではのコンテンツがいっぱいです。

また古民家背後の日浦山は良質な湧き水が湧き出ています。

もみじ饅頭の工場がここにあるのもこの良質な水があるからなのです。

以前は明治乳業の工場もありました。

マツダ関連以外にも食品加工業も盛んです。

普段の日常の広島が触れることができる場所、それが海田町を含む安芸区・安芸郡の魅力なのです。

そんな安芸郡にこの古民家はあります。

自分でこの古民家を活用することを妄想してみる

自分がここで何かをするという得意の妄想をしてみます。

フリーペーパー専門店。

観光パンフレット的なものではなく、その地域の何気ない日常を記したものを中心にそろえる。

そしてただフリーペーパーを置くだけでなく、地域とのかかわり方を案内する『関係案内所』も機能させる。

ボランティアだったり農業体験だったり。

私自身が勝手に運営する関係案内所なので一つの都道府県や自治体にとらわれることはありません。

テーマは『自由奔放な関係案内所』

月2回くらいのペースで開所。

地元・安芸区や安芸郡の観光案内も兼ねる。広島市安芸区・海田・熊野・坂・府中町。

三江線や鹿賀のグッズ販売もしたいけどお金のやりとりとかで工数がかかるのでパス。

もちろん収益などは発生しません。

金は集まらないけど人は集まる、といった感じです。

清掃活動を月2回程度で行っているのでまずはここに参加して様子をうかがうことからはじめてみようと思います。

誰かがやらぬなら俺がやる。

まずは動く!

場所

■イベント・ワークショップについては随時オフィシャルサイトを確認してください。

2 件のコメント

  • こんばんは。パン屋さんのお仕事に15年位携わっています。もしも叶うなら自分のお店を持ってみたいとおもっています。この前のイベントにもおじゃましました。
    とても雰囲気のいいお家ですよね✨
    19日にフリーペーパー行こうと思ってましたが、もうしまってました…💦16時までだったと後で知りました。
    古民家のほうのサイトにもコメント残したのですか、返答がなくどうしたら良いものかこちらに連絡してしまいました。

    • コメントありがとうございます!
      そして、19日は急きょ16時で閉めてしまい大変申し訳ございませんでした。
      また返信が遅れまして申し訳ございません。

      パン屋さんのお店を持ちたいとのこと、素敵ですね。
      そしてお店を持ちたいというお気持ち、わかります。
      私も紙楽社をお店として運営したいと思っています。

      5月は6日(月)と13日(月)は9時から19時で&古民家で。
      30日(木)は15時から23時までハチドリ舎で開催します。

      ご都合付けばお越しくださいませ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です