広島のウェイクボードショップといえばやっぱりBOON

Pocket

ウェイクボードはスノーボードのオフトレとして最適です。

フロントサイド・バックサイドと切り替えてスロラームをしていって滑る感覚はまさにスノーボードと同じです。

サーフィンもスノボのオフトレとしてありです。

でも私の住んでいる広島は瀬戸内海に面していて、この瀬戸内海は波がほぼありません。

逆にこの波がないことがウェイクボードに最適な環境です。

ウェイクボードが割と盛んな広島で私がオススメのウェイクボードショップを紹介したいと思います。

プロウェイクボーダーがトーイングしてくれるBOON

PRO SHOP BOONは広島の老舗ヨコノリショップです。

ウェイクボードはもちろん、SUPやスノーボード・スケートボードを扱っています。

もちろんトーイングもやっています。

BOONは広島店と江田島店の2店舗あり、トーイングは江田島店のみとなっています。

また様々なアクティビティーツアーをしています。

古民家カフェ巡りとダウンヒルスケートをコラボしたダム湖SUPや無人島に泊り込んでのウェイクボードキャンプなど。

そしてBOONの良いところはプロウェイクボーダーがトーイングしてくれて教えてくれる点。

ただ単にトーイングしてくれるだけでなく、指導もしっかりしてくれます。

やっぱプロに教えてもらうのが上達の近道ですよね。

頑張る島根の大学生プロウェイクボーダー

今回は旧三江線関連の記事ではないのですが。

不思議なことにここでも妙に島根と繋がっています。

國兼竜斗さんです。

島根大学の学生さんです。

元は広島の人ですが学業の合間にこうしてBOON江田島でウェイクボードのトーイングをしています。

ひろしまね人の頑張る島根の大学生です。

本当に元気いっぱいで明るい彼がトーイングしてくれるウェイクボードは楽しくて仕方ありません。

今回、初心者の方が体験に来ていましたが明るく丁寧に教えていました。

私もひろしまね人な江の川地域応援ライター、ともに広島と島根を盛り上げるために頑張りましょう。

江田島はエーゲ海のようなところ

エメラルドの色の世界です。

水が素晴らしく綺麗です。

こんな環境でBOON江田島ではウェイクボードができます。

BOONのプライベートビーチです。

大黒神島という無人島にあり、ゲレンデはこの周辺です。

泊まり込みのキャンプはここで行われます。

陸トレ施設も充実

このようにトランポリンがあります。

ジャンプの練習に最適です。

ウェイクボードは1本15分ですので事前に陸トレをしておくことがとても大切です。

陸トレをしっかりやってイメージをつかんでおいて水の上でメイクを決める。

トランポリンがあるのはとてもありがたいことです。

トランポリン以外にもこんなハンドルを持つ姿勢のイメトレをすることができます。

脇が開かないようにしっかりキープ。

腰の角度に気をつけて。

こんな感じのイメトレを事前にやっておくのは大切ですね。

まとめ

今回行った時は面ツルでした。

とにかく最高のスタッフとロケーションのBOON江田島です。

またここの滑りに来ているメンバーさんはとてもフレンドリーな方ばかりです。

初心者の方でも浮くことはありません。

安心して滑ることができます。

ウェイクボードをするならBOONで決まりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です