島根県大田市・三瓶山麓に石見ワイナリーがオープン

Pocket

2018年4月15日に島根県大田市にて『石見ワイナリー』がオープンしました。

島根県で3番目となるワイン醸造販売施設です。

『三瓶』と書いて『さんべ』と読みます。

カテゴリーは『お酒』ですが引き続き島根県に関する内容です。

しかも微妙に旧三江線から近いところにこの石見ワイナリーはあります。

旧粕淵駅が最も近い駅です。

美郷町の中心部から車で30くらいの場所です。

今回は石見ワイナリーについて紹介します。

石見ワイナリーはこんなところ

ワインボトルのラベルの記述から

ワインボトルのラベルや購入したワインボトルを入れる紙袋には以下のような英文の記述があります。

Shimane Prefecture Oda City It is manufactured wine in the rich nature of “Sanbe” National Park.

We consistently do business from raw material production to wine brewing and sales.

All the employees are doing their best so that we can deliver higher quality wines to everyone,so please come to the vineyards and wineries.

要約すると、

「島根県大田市にあるさんべ国立公園内の豊かな自然の中で作られたワインです。私たちは原料の製造からワイン醸造・販売まで一貫して事業を行います。従業員は皆、お客様に高品質のワインを提供するようにベストを尽くしていますので、ブドウ園やワイナリーにお越しください。」

このように石見ワイナリーをPRしています。

途中で旧三江線の浜原駅に寄ってみました

 

▲旧浜原駅から見える三瓶山

ワイナリーヘの道中、旧浜原駅を訪れてみます。

上の写真の少しかすんでいる山が三瓶山です。

旧浜原駅から粕淵方面を見ています。

この三瓶山のふもとに石見ワイナリーはあります。

ちなみに2018年4月17日現在、駅構内の信号はまだ点灯していました。

⇒現在はすでに消灯しています。

さんべ温泉スキー場のセンターハウスを改修

▲背後には元ゲレンデ

石見ワイナリーは現在、営業を休止しているさんべ温泉スキー場のセンターハウスを改修しています。

背後の元ゲレンデには、リフトがまだ残っています。

観光用リフトは引き続き営業中

▲観光リフト乗り場

ワイナリーの運営会社とは別に、『さんべ観光株式会社』により観光リフトが運営されています。

冬季(12月から3月)と毎週火曜日以外は運行しています。

これなら、スキー場としての営業再開はすぐにでもできそうです。

店舗内部の様子

有料の試飲コーナーがあります

▲試飲コーナー

有料ですが試飲ができます。

100円・200円・300円と量によって金額が異なります。

少量が100円、中くらいが200円、多めが300円という具合です。

購入できるワインの種類

▲ワインセラーに並ぶワイン

種類は、赤・ロゼ・りんご酒の3種類です。

白は醸造が間に合わなかったそうです。

現在、白ワインの販売はありません。

私はワインは白が好みですが、ロゼを購入しました。

値段は一本、3000円弱です。

すみません、詳しい値段を失念しました。

おつまみの種類が県内ものをはじめ豊富にあります

▲県内産のチーズや珍味

日本酒にもあうおつまみがそろっています。

見ているだけでも楽しいです。

▲ふぐの商品が目立ちます

おつまみ以外にもスイーツ系の商品もあります。

お酒を飲まない人でも楽しめます。

おおち山くじらの商品を発見

▲おおち山くじらのイノシシ缶詰

おおち山くじらがプロデュースするイノシシ缶詰です。

おおち山くじら株式会社は先日開催された、『江の川よ~いドン!』でプレゼンされていました。

おおち山くじらOffcial Site

旧三江線・乙原駅近くに会社を構えています。

ワイン醸造施設

▲ワイン醸造施設

内部には入れませんが外から醸造施設を見ることができます。

自社のぶどう畑

来年は自社で作ったぶどうでワインを醸造する予定

▲ぶどう畑

現在、販売しているワインは青森などの県外産のぶどうを使っています。

来年からは自社のぶどう畑で収穫したぶどうを使ってワインを醸造するようです。

石見ワイナリーの情報

■住所:島根県大田市三瓶町志学口1640-2

■営業時間:10時から17時 現状は無休

さいごに

今回購入したもの

▲外のテラス席にて

今回は、ロゼワイン・おおち山くじらのイノシシ缶詰・おおなんチーズ工房のカマンベールチーズの3点を購入しました。

オープンを知らない人が多い

三江線が営業終了し、地域振興について調べているなかでこのワイナリーのオープンを知りました。

現状、『知る人ぞ知る』といった感じだと思います。

私が行ったときは平日でしたが、お客さんは1,2人ほどでした。

まだまだこのワイナリーの存在を知らない人が多いでしょう。

とてもすばらしいロケーション

▲周辺の牧草地

周辺には牧草地やぶどう畑が広がっています。

ワイナリーだけでなく、周辺を散歩してみるといいと思います。

また、少し足を延ばせば温泉もあります。

石見地方の新たな観光スポットとしてにぎわって欲しいです。

それではまた。

ここまでご覧いただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です