阪神電車はしご酒紀行 御影駅と尼崎駅

Pocket

神戸三宮と大阪梅田を結ぶ阪神電鉄の阪神本線。

三宮と梅田を結ぶ鉄道路線は、この他にJRと阪急電鉄がありますがこの阪神本線はもっとも海側を走っている路線です。

『たいせつがギュッと』がキャッチフレーズの阪神電鉄。

阪神電鉄は三宮と梅田を結ぶ阪神本線と尼崎と大阪難波を結ぶ阪神なんば線の2路線があります。

阪神本線は、『阪神間モダニズム』とちょっと距離を置いた下町感あふれるところを走っています。

私は以前、関西に6年ほど住んでおり、その頃阪神電車によく乗っていて好きな鉄道路線です。

そして阪神本線は、灘五郷を通るまさに『酒蔵天国』です。

西宮郷も合わせれば酒蔵の数は25以上にもなります。

今回はこの阪神本線の沿線にある飲み屋さんを2件だけはしご酒しましたので紹介したいと思います。

御影駅のガード下にある銀狐さん

1件目は『銀狐』さんです。

御影駅付近はガード下に御影市場という商店街があります。

この商店街の中にお店はあり、外の道路側からもお店に入ることができます。

すぐ近くの霊泉『沢の井』です。この泉もガード下にあります。

ちょっと立ち寄ってみました。

神戸のお酒をメインに飲めるお店

銀狐さんは主に神戸の日本酒を提供しています。

また日本酒以外にもワインや海外のビールもあります。

大衆的な立ち飲み屋さんではなく、御影の名にふさわしくオシャレなお店です。

白鶴や菊正宗のような全国区なお酒をはじめ、福寿のようなちょっとマイナーなお酒も提供しています。

神戸や西宮のお酒というと、メジャーすぎて日本酒好きにとって「ありきたりで面白くないねん」とスルーされがちです。

その上、大都市の街中で酒造りをしてます。

でもあえてメジャーを楽しむ。

こんな感じでお酒を楽しめるのがここ銀狐さんです。

もちろん、神戸のお酒でもマイナーなものはあります。

私は神戸のお酒を良く知らないのです。

灘五郷酒造組合Official Site

灘五郷の酒造組合のホームページを見てみると、あなどれないものです。

なんだか見ててワクワクします。

有名人も来てるらしい

ナイナイの矢部さんが来た痕跡がありました。

有名人も訪れる隠れ家的なお店です。

冷酒と水なす・お刺身盛り合わせの組み合わせ

お酒の銘柄を忘れました。純米吟醸だったのは覚えています。

この日は多忙でかなり疲れていました。すみません。

さっぱりとした組み合わせでサクッといただきました。

お代わりをしたいところですがここは我慢、これで引き上げました。

教科書通りの大衆酒場の正宗屋さん・尼崎駅

次に訪れたお店は、尼崎の『正宗屋』さんです。

これぞまさに絵に描いたような大衆居酒屋さんです。

風格があります。どこまでも正しい外観です。

立ち飲みスタイルではなく、カウンター席スタイルです。

訪れたのは金曜日夕方、『ハナキン』です。

18時ごろでしたがすでに席は満席でした。

お店の周りはこのような感じです。

ダメダメ呑兵衛酒場的です。パチスロ屋があるのがこのような風景の王道です。

私が座った席の隣の人は競艇の話で盛り上がっていました。

尼崎には競艇場があり、その帰りにここで一杯やっているのでしょう。

女性のお客さんもいました。女呑兵衛も最近多いですね。

阪神タイガースの野球中継が流れていて、店員さんがテレビへちょくちょく視線を送っているのが気になります。

その気持ち、とても分かります。『アマらしさ』がさく裂しているお店です。最高!

きれいな盛り付けの料理

1軒目に訪れた銀狐さんの時と同じようなメニューにしました。

もろきゅうとお刺身盛り合わせと冷酒の組み合わせです。

もうじき訪れる夏を感じます。

以外にも盛り付けがとてもきれいです。

冷酒は白鹿です。日本酒度13から14でさっぱりしています。

追加で牛スジ串を1本いただきました。

ここもお代わりをせずにこれで引き上げました。

お店の情報

銀狐さん

■住所: 兵庫県神戸市東灘区御影本町4−12−17 御影市場 旨水館内

■営業時間:月曜日から土曜日 16時30分から23時30分       日曜日 15時から22時

■最寄り駅:阪神電鉄本線 御影駅徒歩1分ほど

正宗屋さん

■住所:兵庫県尼崎市神田北通2−19

■営業時間:12時から22時30分 木曜定休日

■最寄り駅:阪神電鉄本線 尼崎駅から徒歩5分強

おまけ

この日は大阪市西成区の安宿に泊まりました。

ホテルみかどさんで、和室禁煙素泊まりで1泊2600円でした。

ホテルみかどOfficial Site

一般的なビジネスホテルの半額の値段で、西成ドヤ街の安宿では高額です。

今回2回目の利用ですが、十分に快適に過ごすことができます。

関西は安く楽しく飲め、そして安く快適に泊まれるとても楽しいところでだと今回改めて実感しました。

それではまた。

ここまでご覧いただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です