真冬でもウェイクボードをすることの大切さ

Pocket

こんにちは、ヨコノリ呑兵衛のタクです。

スノーボーダーにとって残念ながら寒波が去ってしまいましたね。反面、ウェイクボーダーにとってはガッツポーズをしたい気分ではないでしょうか。両方やる人は今週はウェイクがチャンスかなって適当な感じでしょう。私も両方ですので寒波が去ってもどうでもよいのです。寒い日はスノーを楽しみ、暖かい日はウェイクを楽しむ、そんな感じです。

冬はウェイクとスノーの両方が楽しめる

ウェイクボードとスノーボードは滑り方が似て非なるところがあります。冬の寒い3ヵ月ほどウェイクボードをオフにしてしまうと春からオンにした時に違和感があり立ち上がりに時間がかかると思います。ブランクをつくらない事は非常に大切だと思います。

問題は寒さでしょう。というより『冷たさ』でしょうか。ドライスーツを着ていればさほど問題はありませんが手足などは冷たいです。しかしここは我慢するしかありません。寒いからと言ってさぼらずコツコツ練習していくことが上達の秘訣なのです。この寒い冬でもウェイクボードをやることが夏の最高のときに気持ちよくウェイクボードができるのです。自分はそう信じて冬もウェイクボードの練習に励んでゆこうと思います。

またスノーボードも同時期にできること、これもポイントでしょう。スイッチスロラームの練習、1本15分のウェイクでひたすら練習するには勿体ない感じがしますがスノーならやりたい放題です。ウェイクの陸トレとしてスノーを積極的に活用してゆきましょう。

いや、なんとも忙しいです、冬は。今日はスノーで明日はウェイクとかのスケジュールになってしまいます。

冬ならではのBBQスタイル

▲Japanese style BBQ『THE お餅』

これぞ冬の日本のウェイクボードからのBBQクォリティーです。インスタ映えものです。

もちろんお酒は冷たいビールではなく熱燗といきたいところです。焼き牡蠣もいいでしょう。PRO SHOP BOON江田島店は牡蠣の産地江田島市にあります。殻付き牡蠣が安く簡単に手に入りますので牡蠣を持ち込んで牡蠣パーはいいと思います。

『ウェイクボード×焼き牡蠣×日本酒』最高の呑兵衛ヨコノリスタイルではないでしょうか。

今週は暖かい日が続きますが私は北海道ツアーに備えてスノーボードをしっかりしたいと思います。みなさんも冬は忙しくヨコノリを楽しんでゆきましょう。

それではまた。ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です