『本と自由』そこは広島らしからぬクリエイティブな空間

Pocket

とある企画の打ち合わせが横川であり、その時に『本と自由』というお店に三江線ラストランの写真集を持って行くというのでついてゆきました。

ここがまた何と。

広島にこんなお店があったとは。

今回はこの『本と自由』さんについての紹介です。

横川のひなびた裏路地にある本屋さん

ベースは古本屋さんです。

古民家というかかなり築年数が経過した木造の建屋です。

小さなお店ですが所狭しに古本が並んでいます。

え?ここ広島?こんなお店が広島にあるなんて!

入ってビックリです。

広島で出版された本がそれなりにあります。

通好みな本が目立ちます。

本以外にもフリーペーパーやフライヤーも置いてあります。

コンサートやライブなどのポスターも貼られています。

ここに来れば広島の面白い情報を仕入れることができます。

そう、ここ本と自由さんは本・ポスター・フライヤー・フリーペーパー、紙媒体の情報屋さんです。

小さな空間でも中身がぎっしり詰まっています。

カルチャーの集合体です。

でもこれって本屋さんの本質なんですよね。

ネットがなかった時代、みんな本や雑誌が情報源だったはず。

お酒のほか各お飲物あります

洋酒が目立ちますが焼酎もあります。

もちろんコーヒーなどのソフトドリンクもあります。

カウンター席があり、店内で軽く飲めます。

さつま焼酎の『もぐら』です。

このスナック菓子がうまい!

このカウンター席にはフライヤーがたくさん置いてあります。

それらを見ながらゆっくりと飲むことができます。

三江線ラストラン写真集取り扱っています

NPO法人江の川鐵道準備会が発行している三江線ラストランの写真集を販売しています。

表紙が宇都井駅での最終列車出発時の様子です。

打ち上げ花火がきれいで感動のラストランでしたね。

広島にもっとこのような空間を

福岡や京都などの他の都市に比べて地味な広島です。

このようなお店がもっと増えてくれればいいなと思います。

もっともっとクリエイティブで文化的な街に。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です